2010年02月05日

スペシャルインタビュー(SHOW441)

441pvs.JPG

●show441スペシャルインタビュー

■お名前を

ども!
SHOW441(ショウヨンヨンイチ)です。


■簡単な経歴を

90年後半からHIPHOPのMCやREGGAEのシンガー、
いわゆるSingJay
(レゲエ用語でDeJayはMC、SingJayはDeJayをより歌に近く歌う人)
として活動しつつ
04年?あたりから自分のROOTでもある
ギターの弾き語りをその活動に導入し始めたりしてて

ちょうど東京から岩手に帰郷してた
KATUSIとアコースティック2ピースのバンド
"EL SKUNK DI YAWDIE"を結成して
09年の5月にP-Vine Recordsから
1stデビューフルアルバム"ラガマリアッチ"が
発売になって鬼のような09年を経て現在に至ります(笑)


■音楽を始めたきっかけは?

小さい頃あまり今みたいには社交的じゃなかったのだけど
学校から走って帰って、アニメのルパンの主題歌を聞きながら
絵を描いたり、歌を歌うのが好きで、ある年
音楽の時間に近隣の小中学校が合同でやる
音楽祭があって、その年のソロパートに任命されて(声がでかいって理由で)
人前で歌った時にすごく緊張したんだけど
なんだか自分が少し大きくなれた気がして
しいて言えばそれがきっかけ


■今までの音楽遍歴について

中学3年?2年?にギターをはじめてその後は
LED ZEPPELIN 、Deep Purple 、Bob Marley、ユニコーンにLÄ-PPISCH にTHE BOOM、
Eric Clapton にOzzy Osbourne にSteve Vai 、Bob Dylan にニューエストモデル
ボガンボスにThe Sex Pistols にThe Clash 、ベートーベンに、バッハに民俗音楽、SNOWに
BLANKEY JET CITY 、Stray Cats 、サッチモ(Louis Armstrong )とかBud Powell
Miles Davis 、Jimi Hendrix、Django Reinhardt ...
と書ききれないほど何でもかんでも聞いてて

ギター音楽が好きでよく弾きましたね、コピーは下手でしたけど(笑)

あと10代中頃に初のバンドが
不良な先輩に誘われてはじめたサイコビリーバンドで
ロカビリーもPUNKも好きだったで
G&Voで1年?2年?コピーやオリジナルをやってて
今から考えると壮絶なイベントを経験したな〜と
まわり刺青祭りだったりシ●ブ中の方々が
お客さんで来たり(笑)お巡りさんが来たりで
"おっかねえな〜"と思いつつもしばらく続けてそのバンドは自然消滅して
その後もギターやベースや
ドラム、サックスや民族楽器なんかを弾きまくって曲を作ったりしつつ
PUNKとかの色々なバンドを経験してある日
友達と遊んでたら家にDJのセットがあって、レコード擦って見たら面白くて(笑)
EGGMAN とかBUDDHA BRAND の"さんピンCAMP" な面々を聞き始めて皆でラップしてみたら楽しくて
自分でリリック書き始めたりで活動はじめて
フリースタイル(即興でラップ)で道場破りみたいな状態で
イベント出始めて、その頃からずっとレゲエが歌いたかったんだけど
自分からあの独特のメロディーが出てこなくて、んで月日が流れていつの間にか
歌えるようになって、んで上にも書いたようにまたギター弾き始めて
仙台のシンガーKGMとかKATUSIとJHABBってバンドやったりで05年?あたりに
KATUSIとEL SKUNK結成してなんだかんだと今に至ります
だいぶ端折って書いてるけど長っ(笑)


■使用楽器を教えてください

Epiphone Emperor2 (Joe Pass model)
もともとJAZZ向けのセミアコースティックエレキギター
だったのだけど音量もボディーも小さい(部屋で弾ける)
アコーステックギターがほしくて
自分で中身の電装部分全部とっぱらって数年弾いてて
ステッカーとか貼りまくりで汚くなっていって(笑)
MCしてる頃は殆どギター弾いてなくて
EL SKUNKやりはじめる少し前に
またひっぱり出してきてLIVEで使ったり

色々改造して(ネック削ったり部品直したりと色々)んで
いまだにどんどん進化してて、アコースティック用の
ミディアム弦を張ってて
ピックアップ(ギター用マイク)が3系統、打撃用と箱鳴り用と弦振動用
EL SKUNKの時は箱鳴と弦振動で2系統出して
小型ミキサー1台でブレンド
ソロの叩き語り
(ボディーを叩きながら弾き語り"Wrist Golpe Style")の時は
3系統のブレンド
で小型ミキサー2台使用って感じです

あとゴミ捨て場で拾ったヤマハの
70年代のクラシックギターも音の立ち上がりと歯切れのよさが欲しくて
自分でボディーを削ったりブリッジ(弦が乗ってる所)を削ったりして
使ってます

その他、色々で10数本あるので割愛します(笑)


■ギター演奏に対する独自の見解を

なんだろう?生身じゃないんだけど
なんなら話すより一番自然に音を出せるような気がします
何も考えてなくても色々考えてても俺の弾くギターは俺よりお喋りです
よく暴言も吐くし失敗もするし優しかったり厳しかったり雄々しかったり
大らかだったり姑息だったり

ギターも生きてる感じです



■2010年現在、注目している事柄は?

アイヌ語の響きとか綺麗なのが多かったり
日本語も韓国語も英語もスペイン語も
その国の言葉、言葉の綺麗な響きをもっと知りたいかな

あと畑やりたい



■フェイバリットCDアルバム3枚(タイトル、アーティスト名)を教えて下さい

多すぎてなかなか難しいのですが

""01-ブルガリアの民族音楽集『ブルガリア ~神秘の歌声』""

ブラフマン?かなのLIVEビデオ見てて
オープニングでこの曲が流れた時はブラフマン
見ないで何回もそこだけまき戻してましたよ
もちろんブラフマン最高ですけど

""02-Snow『12 Inches of Snow』""

弟がだいぶレゲエ馬鹿で(笑)
かなり昔からジャパニーズレゲエもジャマイカレゲエも
聞いてて皆好きだったんだけど
SNOWはより異質な感じ好きなアーティストでした

""03-レピッシュ『make』か元ちとせの『ハイヌミカゼ』""

どちらも上田現さんの曲が最高に好きです。


■2010年の目標は

EL SKUNKももちろんだけど
ソロ活動もガンガンやりたい

"健康"
何だか老人みたいだけど
常に意識をしっかり持って
これからも皆の前で
歌い続けられるように

どちらも
基本に立ち返るって感じです


■最後に今回の東北ツアーについての意気込みを一言!

龍平君とご協力いただいてる開催店の皆さん!
皆さんのおかげで、地元東北で素敵なツアーができます!
ありがとうございます!より一層皆さんに楽しんで頂けるように
精進して参りますので皆々様!是非!現場で逢いましょう!


追伸、長文駄文読んでくれた皆さんもありがとう〜!
posted by STAF at 17:51| Comment(0) | インタビュー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。